【セクハラ・パワハラ相談】セクハラ・パワハラ相談サービスのご紹介

【セクハラ・パワハラ相談】セクハラ・パワハラ相談サービスのご紹介

【セクハラ・パワハラ相談】セクハラ・パワハラ相談サービスのご紹介

トップ > 電話カウンセリングについて

電話カウンセリングについて

ダイヤル・サービスは、40年にわたり「育児相談」「健康相談」「子どものための相談」から「セクハラ相談」「パワハラ相談」などの電話相談サービスを事業として行なってまいりましたが、電話相談の基本としてきたのが「傾聴する」という言葉に象徴されるカウンセリングマインド、カウンセリングスキルです。
相手の立場に立ち、相手の気持ちや主訴をしっかりと受け止めること。
電話カウンセラーとの双方向のコミュニケーションを通じて、相談者は「気持ちを受け止めてくれた」、「自分を理解してくれた」と感じ、初めて次の「解決」のステップに立つことができます。電話カウンセリングは声と言葉だけのやり取りですから、声の高さ、調子、暖かさ、息遣い、あいづち、言葉、そのひとつひとつがとても大切です。
ダイヤル・サービスには、年間20万件を越える相談が入ります。そのお一人お一人とのコミュニケーションのつみ重ねが、企業様からも評価いただいている、ダイヤル・サービスの電話カウンセリングの高い品質につながっています。 機微な情報を扱う「企業倫理ホットライン」やセクハラ相談・パワハラ相談などを扱う「セクハラ・人間関係ホットライン」等の通報・相談サービスにも、これまでの経験が十二分に生かされています。

電話カウンセラーについて

ダイヤル・サービスの電話カウンセラーは、臨床心理士、産業カウンセラー、海外の大学でカウンセリングを学んだ者など資格は様々ですが、1番の強みは、高いコミュニケーション能力を持っていることです。電話カウンセリングでは対面のカウンセリングとは違い、匿名の相談者と言葉だけでのコミュニケーションを取り、セクハラ相談・パワハラ相談を始め、職場の問題などの相談を受けなければならないからです。
また、電話カウンセラー全員が同じレベルの対応ができるよう、日々研鑽に努めています。 ダイヤル・サービスの電話カウンセラーの採用基準は、3年以上の対面のカウンセリングの経験、企業での勤務経験のあることです。新人研修はほぼ半年をかけて、機密保持の徹底、ロールプレイング、OJTなど徹底して行なっています。

実績企業倫理セクハラ・人間関係会社概要お問合わせメルマガセキュリティについて
電話カウンセリングについて大学倫理ホットライン自治体倫理ホットライン病院倫理ホットラインセミナー情報
セクハラ・ホットラインセクハラ・人間関係ホットライン職場の悩み・人間関係ホットラインハラスメント研修アカハラ・ホットライン
職場のメンタルヘルス公益通報と公益通報者保護法内部統制対策と不正防止サイトマップ個人情報保護法

セクハラ・パワハラ相談の事ならダイヤル・サービス Copyright (C) 2014 DIAL SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved .